このページではjavascriptを使用しています。JavaScriptが無効なため一部の機能が動作しません。
動作させるためにはJavaScriptを有効にしてください。またはブラウザの機能をご利用ください。

トップページ(独自デザイン) > 観光・産業・しごと > 産業 > ライフイノベーション > みえメディカルバレープロジェクトとは > 事業計画 > みえメディカルバレー構想 実施計画

県庁の組織一覧 > 健康福祉部 > ライフイノベーション課

みえメディカルバレー構想 実施計画

みえメディカルバレー構想実施計画とは

 みえメディカルバレー構想の実現をめざすため、みえメディカルバレー構想実施計画(みえメディカルバレープロジェクト)を産学官民のさまざまな機関や団体で構成する「みえメディカルバレー企画推進会議」で検討したうえ、「みえメディカルバレー推進代表者会議」で策定し、各主体が人材や知恵、資金を出し合って事業を推進しています。
 みえメディカルバレープロジェクトでは、平成14年度から平成19年度を第1期実施計画「立ち上げ期」、平成20年度から平成22年度を第2期実施計画「基盤整備期」として位置づけ、ソフトインフラ整備を中心とした事業を産学官民連携の体制で展開してきました。
 平成24年度から平成27年度までの第3期実施計画「成長期」では、これまでの成果や課題、社会情勢の変化等を勘案し、めざす姿と取組の基本方針を「産学官民連携の充実」、「技術力・地域力の充実」、「みえライフイノベーションの推進」、「情報発信・収集の充実」と掲げ、産学官民の各主体が取組を行いました。
 特に、「みえライフイノベーションの推進」については、ライフイノベーションを通して、新たな産業の創出につなげるため、関連する事業を重点的に取り組みました。
 今後、平成28年度から平成31年度までの4年間を第4期実施計画「開花期」として事業展開を進めていきます。


 

        

みえメディカルバレー構想 第4期実施計画とは

 これまでのメディカルバレープロジェクトによる取組成果や社会情勢の変化、関係機関の声を踏まえるとともに、現在、国が検討している総合特区制度の見直しに伴う「みえライフイノベーション総合特区」の次期計画を見据え、三重県のヘルスケア産業を基幹産業として成長させるべく、平成28年度から「開花期」として事業を展開していきます。

(1) 実施期間

 平成28年度から平成31年度まで(4年間) 


(2) めざす姿

 第4期実施計画では、みえライフイノベーションハブを最大限に活かした攻めの取組を展開し、三重県のヘルスケア産業を基幹産業として成長させるため、次のとおりめざす姿を示します。

「みえヘルスケアインダストリー4.0」

  • 高齢化に伴う多様な健康需要に対して、三重県が持つ高度なものづくり技術や人材など地域が保有する豊富な資源、産学官民金連携の支援基盤等の強みを発揮し、ライフイノベーションを推進することにより、ヘルスケア分野の優れた製品・サービスが創出され、県民の豊かさに貢献しています。
     ※「みえヘルスケアインダストリー4.0」とは、産業の大きな変革の時期を迎え、みえメディカルバレー構想第4期実施計画を着実に推進することで、第4次産業革命にも
         対応しつつ、メディカルバレーの取組を開花させるイメージを表現したものです


 
 
 
 
    


 (3) 基本方向

 めざす姿を実現するため、次の3つの基本方向を柱として事業を展開します。 

  • ヘルスケア産業の連携基盤の充実・強化
  • 医薬品・化粧品・医療機器・機能性食品等産業の競争力強化
  • 新たな健康需要に対応するヘルスケア産業(次世代ヘルスケア産業)の創出
 

(4) 基本方向の具体的取組

ヘルスケア産業の連携基盤の充実・強化

  ヘルスケア分野の製品やサービスの開発に寄与する実証環境の整備、MieLIPの取組促進、国内外企業・研究機関とのネットワーク拡充、研究開発支援体制とその取組に対する評価体制の充実により、ヘルスケア産業の基盤強化を目指します。
 

医薬品・化粧品・医療機器・機能性食品等産業の競争力強化

  「みえライフイノベーション総合特区」による医療ビッグデータやものづくり技術の有効活用、財政的支援、規制緩和の特例、国内外企業・研究機関との連携や誘致の促進により、競争力を強化し市場の拡大を図ります。
 

新たな健康需要に対応するヘルスケア産業(次世代ヘルスケア産業)の創出

  企業が有する技術・サービス、県内地域資源、ICT、ビッグデータ等の活用と産学官民金で構成する「地域版次世代ヘルスケア産業協議会」との連携により、次世代のヘルスケア産業創出につながる製品・サービスの開発や実証フィールドを活用した検証を行います。

 

資料

   
 

 

これまでのみえメディカルバレー構想 実施計画について

第1期実施計画、第2期実施計画、第3期実施計画では、次のような事業を実施しました。

(1) 産学官民連携体制の構築 と充実

 医療・健康・福祉産業の創出と集積を目的に、県内の大学・高専、企業、市町等とのネットワークを構築するとともに、研究開発が可能な体制を整備しました。
 また、産学官民における情報共有やネットワークの拡充を目的としたセミナーの開催、みえメディカルバレープロジェクトの方向性を調整するための各種連携会議を実施しました。

(2) 研究開発の支援

 産学官民それぞれが自立的な取組を展開できるように、健康・福祉関連製品の販路開拓の支援、共同研究の支援、治験受入体制の構築などを実施しました。
 企業に対する各種技術相談と人材育成を目的とした専門研修の実施、試験研究機器の開放や産学民との共同研究を実施し、研究開発の活性化に貢献しました。

(3) 拠点整備の支援

 研究開発を促進するため、鈴鹿医療科学大学薬学部の開設支援、三重大学伊賀研究拠点の整備支援、鳥羽市における健康ツーリズムや尾鷲市における海洋深層水活用など市町の取組を支援しました。
 次世代の医薬品・医療機器の創出を推進するため、国から「みえライフイノベーション総合特区」の指定を受け、特区計画の認定を受けました。
 県内医療機関に整備されている医療ネットワークを活用し、患者の医療情報を収集し、分析を行う「総合型医療情報データベース」について、システムの整備と医療情報収集に向けた取組を開始しました。
 企業の製品開発を支援する拠点として、研究開発支援拠点「みえライフイノベーション推進センター(MieLIP)」を県内7箇所に開設しました。
 

参考資料

みえメディカルバレー構想 第1期実施計画

#

みえメディカルバレー構想 第2期実施計画

 

 

みえメディカルバレー構想 第3期実施計画

ページのトップへ戻る